2011年09月17日

川島雄三 - 『雁の寺』(1962)

こんな禍々しくて、スタイリッシュで、なおかつ狂ってる作品って同時代にどれほどあったんだろうか。素晴らし過ぎる。

雁の寺02.jpg
タグ:川島雄三
posted by O.K. at 00:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。